なぜ人は困った考えや行動にとらわれるのか?

¥ 2,420

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

◎書誌
著者:脇本竜太郎
発行日: 2019年12月10日
体裁: 四六判並製256頁
ISBN: 978-4-908736-15-5
発行:ちとせプレス

◎内容紹介
悪とは何か?
弱さから生じるすべてのものだ ――ニーチェ
人々の分断や対立,人生の不自由さや息苦しさはどこから生まれるのか? 「いつか訪れる死への恐怖」に対する人間の心的防衛メカニズムから,人間と社会に広がる生きづらさを読み解く。

◎目次
第1章 死の恐怖から人間の行動を理解する――存在脅威管理理論
第2章 自己についての幻想
第3章 なぜよそ者を排斥するのか?
第4章 なぜ一人になるのを恐れるのか?
第5章 公正さに潜む落とし穴
第6章 母性愛神話を考える
第7章 伝統という幻想――なぜ昔はよかったと思ってしまうのか?
第8章 よりよく存在論的恐怖とつき合うために