Collected Papers on Trajectory Equifinality Approach

¥ 8,640

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

◎書誌
著者:Tatsuya Sato(サトウタツヤ)著
発行日: 2017年3月31日
体裁: A5判並製256頁
ISBN: 978-4-908736-03-2
発行:ちとせプレス

◎内容紹介
人はどう生きているか?
時間とプロセスを扱う新しい研究アプローチ、TEA(複線径路等至性アプローチ)。問題意識はどこにあるのか。理論的背景はいかなるものか。研究をどのように実践すればよいのか。
心理学の新機軸を切り拓く、珠玉の英語論文集!

◎ヤーン・ヴァルシナー(オールボー大学教授)推薦!◎
「本書に含まれる諸論文は,人間の生の営みを理解する新しい方向を示している。それは人々がそれぞれに意味ある人生をつくり上げていく基本的なプロセスを敬意をもって探究する手法であり,それこそがTEA(複線径路等至性アプローチ)なのである。」

◎目次
Part 1 Chronogenesis: Introduction to TEM
Chapter 1 Time in Life and Life in Time: Between Experiencing and Accounting
Part 2 Emergence of TEM
Chapter 2 Minding Money: How Understanding of Value is Culturally Promoted
Chapter 3 Development, Change or Transformation: How can Psychology Conceive and Depict Professional Identify Construction?
Chapter 4 Beyond Dichotomy: Towards Creative Synthesis
Part 3 Development of TEM
Chapter 5 Sampling Reconsidered: Idiographic Science and the Analyses of Personal Life Trajectories
Chapter 6 Depicting the Dynamics of Living the Life: The Trajectory Equifinality Model
Chapter 7 The Authentic Culture of Living Well: Pathways to Psychological Well-Being
Appendix
Appendix 1 Historically Structured Sampling (HSS): How can Psychology's Methodology Become Tuned in to the Reality of the Historical Nature of Cultural Psychology?
Appendix 2 Brief Practice for Using Trajectory Equifinality Model (TEM): As a General Tool for Understanding the Human Life Course within Irreversible Time

◎著者
Tatsuya Sato(サトウタツヤ)
Professor, College of Comprehensive Psychology Ritsumeikan University. Executive Director, Division of General Planning and Development The Ritsumeikan Trust. Ph.D. (Tohoku University, 2002).
立命館大学総合心理学部教授。学校法人立命館・総合企画室長/学園広報室長。Ph.D.(東北大学、2002年)。