偏見や差別はなぜ起こる? 心理メカニズムの解明と現象の分析

¥ 2,700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

◎書誌
編者:北村英哉・唐沢穣
発行日: 2018年7月31日
体裁: 四六判並製304頁
ISBN: 978-4-908736-10-0
発行:ちとせプレス

◎内容紹介
私たちはなぜ偏見をもち,差別をしてしまうのでしょうか? 私たちの社会はどのような偏見や差別に関する課題を抱えているのでしょうか? 第1部では偏見や差別が起こる心理メカニズムを解き明かし,第2部では現代社会のさまざまな領域での偏見や差別の現象を心理学的アプローチを用いて分析します。偏見や差別の問題に,心理学はどのように迫り,解決への道筋を示すことができるのか。第一線の研究者が解説した決定版。

◎目次
◆第1部 偏見・差別の仕組み――心理学の理論と研究から読み解く
第1章 ステレオタイプと社会的アイデンティティ ●大江朋子
第2章 公正とシステム正当化 ●村山 綾
第3章 偏見・差別をめぐる政治性―象徴的偏見とイデオロギー ●唐沢 穣
第4章 集団間情動とその淵源 ●北村英哉
第5章 偏見の低減と解消 ●浅井暢子
◆第2部 偏見・差別の実態と解析――さまざまな集団・社会的カテゴリーに関する偏見と差別
第6章 人種・民族 ●高 史明
第7章 移民 ●塚本早織
第8章 障害 ●栗田季佳
第9章 ジェンダー ●沼崎 誠
第10章 セクシュアリティ ●上瀬由美子
第11章 リスク・原発 ●樋口 収
第12章 高齢者 ●唐沢かおり
第13章 犯罪 ●荒川 歩